スキップしてメイン コンテンツに移動

OneNote ImporteのエラーでEvernote から OneNote 引っ越しを手動マラソンしたのが逆に良かった理由。

出典:Microsoft Evernote から OneNote に移動

はじめに

Evernoteにたくさんのメモやマニュアル、日記なんかを保存していましたが、無料版ではとても利便性が悪くなってしまったので課金するか検討していましたが、次の利用からMicrosof OneNoteに移行することにしました。

決してEvernoteが悪いとかではなく、それぞれメモサービスとしては良し悪しがありますが、Microsoft365で有料のクラウド契約をしたので、そちらを活用したほうが利点が多いといった考え方です。

移行するためのツールがMicrosoftから用意されているのですが、手順通りでどうしてもエラーになって自動移行ができませんでした。

奮闘したことと、結局手動マラソンで移行したことが結果的に良かったと思った理由を説明します。

結論

データ整理ができ、より有効に利用できる環境を整備できた。

移行への経緯

Evernoteの利用規約変更で以前のように便利利用できなくなってしまい、課金するか別のサービスに乗り換えるか検討。
結果、次の理由からOneNoteへの移行を決意。

OneNoteを選んだ理由

  • Microsoft365の有料ライセンスを所持しているので、OneDriveで最大1TB利用可能。
  • メモアプリ用のアカウントを増やさずにすむ。
  • Evernoteの操作感に近いほうがいい。
  • Microsoftが移行ツール「OneNote Importe」を用意している。
以上の理由により以降をスタートしました。

思惑が外れる

ところが、
  • Microsoftが移行ツール「OneNote Importe」を用意している。
で大事故。
OneNote Importeの手順通りいくと、エラーとなってしまいました。
設定やらアカウントやら試しましたがハマりにハマり、心が折れかけましたが、手動での移行に踏み切りました。

実施したこと

次のMicrosoftのサイトから移行ツールをダウンロードします。


インストールファイルではなく、実行プログラムになっているみたいです。



これを手順通りにいくと、結果次のエラーが出てうまくいきませんでした。


Google翻訳で調べてみると・・・。手動でコピペとか。

手動コピペ!1000を超える記事を保有していたので、これは地獄だと感じました。どうにか藻掻いてみました。

  • アカウントの問題
  • Windowsに入っているOne Noteのバージョン
  • Evernoteのエクスポート方法

いろいろ想定し、最終、Evernoteのエクスポートしたデータがあやしい?そのうえで、最新のEvernoteのバージョンでエクスポートしたデータが対応していないのでは?といった推測にたどり着きました。

そして調べると、以前のバージョンがインストールできるとのことなので、早速やってみました。

以前のバージョンの Evernote をインストールする – Evernote ヘルプ&参考情報

上記リンクから

Evernote Legacyのダウンロードをします。

今回はWindowsを例として進めます。黄緑色のWindowsからインストールファイルがダウンロードされます。こちらをインストールします。


Evernote Legacyのショートカットができれば成功です。立ち上げて、ログインします。しばらく放置しておくと、同期されると思います。


すべて同期されたのを確認します。


再度、気を取り直してOneNote移行用プログラムファイルを実行します。

不都合なければ同意にチェックを入れてGet startedを選択。

ノートを選ぶ場合はチェックを確認します。すべてインポートする場合はそのままNextを選択します。

所有しているBusinessアカウントでサインインして再度チャレンジ。

結果、同じエラー。

  • OneNote再インストール
  • 異なるPC
  • 別の移行ツール
  • 出力したデータhtmlデータ変換
その後も考えうる切り分けをすべて行い、様々な方法で試みましたがOneNoteの入力機能がない(OneNoteのファイル以外読み込めない)ため、完全に詰みました。

例の言葉を思い出しました。
OneNoteに手動で張り付けてみてください。

まぁ、気長に少しずつやるか。と、前に進むことを決意。

なぜ、手動移行が良かったのか?

長くなりましたが、ここからが本題です。
10年以上前のデータを保存しているEvernote。恐る恐る過去のデータを覗いてみると。
あれ、これもういらんよね
ん、あー、これ懐かしい
げ、忘れてた。こんなことしてみよう!って思っていたんだった。
ってな具合で、再確認できる機会になりました。
スタックとかタグとか、整理もできて検索も便利。Evernoteってメモアプリとしては本当に優秀だと考えています。でも、膨大になりすぎたデータって本当に全部必要なのか?また記録したデータをいつ活用するのか?について利用者自身が精査しないまま長い時が過ぎていき、保存したことすら忘れてしまっていた。なんてことが起こるんだと実感しました。

なので、今回、そこらへんを含めて、今後どのようにデータを整理して保存していくかといった考えかたのアップデートができたと思います。

本当に必要?

あれば便利かも?で保存しているものはないでしょうか。
例えば、WEBニュースや便利情報blogなどです。これらの情報が、世界から無くなることは考えづらいと思います。
有用な情報は、お気に入り運用で十分だと思う理由は、
  • たぶんググれば出てくる。
  • まとめ記事が出来る。
  • 旬がある。
  • もう必要ない情報はそもそもいらない。
などです。

さらに、日記です。
日記については、カレンダー機能があれば便利なので、いろいろ連携を試みたのですが、結局Googleカレンダーに集約しました。




長期的に運用でき、サービスがなくなるとなっても出力可能だからです。
これらを踏まえ、ノートを整理しました。

OneNoteに移行しないもの

行動ログはGoogleサービスにまとめる。
記事のクリップはブラウザお気に入りにまとめる。
レシピのWEBクリップ。
更新前の保険書類や会員カードなどのデータ
5年以上前の明細書

OneNoteに移行したもの

00_マネジメント

  • ビジョンノート
  • アイデア
  • ナレッジ
  • 名言・語録

10_仕事

  • 協議メモ
  • 講習会資料
  • マニュアル
  • テンプレート

20_家庭

  • 教育
  • 保険証書等
  • 取り扱い説明書
  • 資格
  • 会員カード
  • マネー
  • 健康

30_趣味

  • 旅行
  • 釣り
  • 農業

階層を検討

ざっくりした階層のイメージ。

セクショングループ
  • セクション
  1. ノート
  2. ノート
  3. ノート
  • セクション
  1. ノート
  2. ノート
  3. ノート
3段階で整理することにしました。
細かくいくと、ノートも細分化できるみたいですがかえって整理が煩雑になりそうなのでやめました。
階層を意識した理由としては
セクショングループなど特定の設定にはインストール版のOneNoteが必要である。
といった部分です。
最上位のセクショングループのみインストール版で作成(通常運用で追加編集の場面が少ないため)し、通常運用はブラウザ版もしくはスマホアプリ。にしました。

コピペのこつ

Evernote側で、事前に不要なノートを消します。
思い切って捨てましょう。

マージを利用します。
複数のノートを選択肢(Shiftキー、Controlキーを利用)し、右クリックからマージできます。
すると、複数のノートが一つにまとまります。

一点注意が必用な点は、OneNoteは画像を最大100までしか貼り付けられない部分です。
複数回に分けると100以上貼り付けてできるので、多い場合は分けて貼り付けましょう。

まとめ

手動移行でデータを整理することで、思いがけない発見や自分自身の見直しができました。
本当に必要なものかどうか?といった考え方がアップデートできたので、今後のデータ整理に役立てたいです。
遠回りから学べることはまだまだありそうですね。
今回は移行時の経緯や検討したこと、実際に思ったことを中心に紹介しましたが、次回は具体的なOneNoteの活用方法を記事にできればと思います。

コメント

このブログの人気の投稿

リビングの環境監視ダッシュボードを60分で作る方法をQiitaに投稿してから数年たった今のお話。

 数年前に、 Nature Remo を利用してリビングの環境監視する仕組みを作りました。たくさんの方から作り方を教えてほしいとの要望があったので、 Qiita に投稿したところ、Twitterで注目していただき、さらにNature株式会社公式ブログ( https://nature.global/blog/1072/#title1 )でも紹介していただき感動です。 その後もどうにか稼働しているので、その様子を少し紹介してみたいと思います。 リビングの環境監視ダッシュボードを60分で作る方法(Nature Remo Cloud APIとGoogleサービス連携) アップデート 1.複数台運用 寝室用にもう1台Nature Remoを購入したので、複数の部屋の環境を可視化してみました。 複数台のNature Remoを利用する方法については、mumunus様にコメントいただきました。本当に感謝です。 https://qiita.com/t-chi/items/01b9a9b98fbccef880c3#comment-5c5e624fb37745493b84 複数台運用では、データソースを部屋ごとに分けて運用することにしました。任意に振られた番号[0]、[1]・・・で指定することで、Googleスプレッドシートごとに運用できるみたいです。 ※セルの上限制約を意識して、今回は端末ごとにシートを分けて作成してみました。 2.職場のサーバー室の環境監視 小規模な職場に勤めているのですが、停電により空調が止まってしまい、サーバー室の温度が一気に上がりネットワーク機器が故障の危機に陥ったことがありました。 サーバー類はUPS(無停電電源装置)によりシャットダウンを防ぐことができるのですが、夜中に停電したりするとエアコンが切れてしまい、朝には高価なサーバー機器が故障している。なんてことになれば組織にとって大きな損失となってしまいます。 そこで、プライベートで実装した仕組みを活かして、サーバー室にNature Remoを設置して環境監視をすることにしました。 さらに、一定温度以上になれば、管理職と担当、副担当に自動でメールが発出する仕組みを構築しました。 簡易な仕組みですが、無料で運用できるため今まで何もなかったことからすれば一定の保険になるかと思います。 エラー発生の原因 数年にわた

Google Workspaceのアカウントを個人スマホに追加して使おうとしたらアプリが使えないときの対処方法

はじめに 個人デバイスで仕事で利用しているGoogleWorkspaceを利用する場合、Androidスマホだとユーザーを別途用意してスマホにサインインするように運用したほうがセキュリティ上安全な場合があります。 ユーザー追加が終わり、アプリを利用しようとしたときにデータがスマホに同期されない原因の一つに、管理コンソール上の設定があります。 仕事用プロファイルを追加できません。 このデバイスには仕事用プロファイルを追加できません。ご不明な点がある場合は、IT管理者にお問い合わせください。 というメッセージが表示され、Gメールなどのアプリに情報が同期されず利用できないときの対処法を紹介します。 前提条件として、デバイスで仕事用プロファイルの設定が求められるといったケースです。 原因 管理コンソール上の端末管理設定が「詳細」になっているから。 解決策 モバイル管理の設定を「詳細」から「標準」に変更する。 「詳細」が選択されている場合は、Google Workspace のアカウントを利用時に仕事用プロファイルの設定が必須であり、より細かな制御が可能となります。 「標準」の設定であれば、細かな制御はできなくなってしまいますが、仕事用プロファイルの設定なくアカウント追加が可能になります。 手順 1.管理者アカウントで Google Admin にアクセス 2.デバイス>モバイルとエンドポイント>設定>一般設定>全般 3.全般>モバイル管理>標準(エージェント不要)に変更 ダウングレードの文字が出る場合があるが、OKで設定が適用されます。24時間反映にかかる場合があるみたいです。 4.既に個人のスマートフォンの [ 設定 ] > [ アカウント ] の欄に該当アカウントが存在している場合は、一度ログアウトさせてから再追加 まとめ BYODなどで、個人デバイスを業務利用するシーンが増えてきていると思います。 管理者に確認し、適切なセキュリティ運用を心がけてください。

GoogleアカウントだけでWEBアプリを作る方法。〜作成代行してもらったAppSheetを受け取る編

 はじめに Googleアカウントを持っていれば、Googleスプレッドシートをデータベースとしてアプリを作ることができるAppSheet。しかも、グーグルストアやアップルストアに登録する必要がなく、スマホ、タブレット、パソコンなど、色々なデバイスで利用可能な自分だけのアプリが作成可能です。 簡単にアプリを作ることが出来る ので手軽に始めることができるAppSheet。 ところが、このAppSheet。作りこみ次第ではデータからPDFを自動で作成し、指定のメールアドレスに一斉配信など、会社の 基幹システムレベルの構築が可能 であり、かなり奥の深いサービスだったりします。 作りこみを委託するケースも今後増えるんじゃないか?と思ったので、今回は 作成を代行してもらう方法 を紹介したいと思います。 手順 代行者側 Googleスプレッドシートでデータ作成 AppSheetでデータソースを紐付ける AppSheetの共同編集者に依頼者を設定する AppSheetのUsersからUser emailsに依頼者のGoogleアカウントを入力し、 私はロボットではありません をチェックします。 登録したユーザーの設定をします。 Can edit definition 、 Role:Admin、App version: Defaultにします。 Linksタブから、 アプリのURLをコピー して依頼者に共有します。 念の為、SAVEを忘れずしておきましょう。 URL共有時のメール例文 --- ○○さま お世話になっております。 アプリを作成したのでURLを送付いたします。 設定させていただいたGoogleアカウントによりアクセス可能です。 ご確認よろしくお願いいたします。 AppSheet https://www.appsheet.com/template/Apps アプリインストール用URL https://www.appsheet.com/newshortcut/○○○ ブラウザ利用におけるURL https://www.appsheet.com/start/○○○ 参考 GoogleアカウントだけでWEBアプリを作る方法。〜作成代行してもらったAppSheetを受け取る編 (goog-life.blogspot.com) --- 依頼者側 メールが届いたら、AppSheet