スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

AmazonBusinessをAzureADでシングルサインオンさせたら結構便利だった。

  https://www.photo-ac.com/より 会社や組織で事務用品などを購入するとき、多くの商品を調達可能なAmazonで購入したいケースは結構あるんじゃないかと思います。 本来、Amazonアカウントを作成してクレジットカード等で購入する流れが一般的なのですが、会社用の登録をして所属ごとに請求書払いを設定するなど便利に利用出来るケースがあります。 そういった場合、個人用のアカウントではなく、AmazonBusinessを活用すればいろいろと便利です。 AmazonBusiness「 https://business.amazon.co.jp/ 」 今回は、さらに、Microsoft365アカウントをメインで運用している会社や組織なら普段利用しているアカウントで運用する方法を紹介したいと思います。っていうか個人的な備忘録色が強めです。 が、AzureADによるシングルサインオンを実装することで実現できますので、ご興味があれば試してみてください。 準備 まずは、こちらを参考に進めます。 チュートリアル:Amazon ビジネスと Azure Active Directory の統合 https://learn.microsoft.com/ja-jp/azure/active-directory/saas-apps/amazon-business-tutorial 全体的な流れとしては、 1.Azure ADでエンタープライズアプリケーションからAmazonBusinessを作成 2.SAML方式のシングルサインオン設定 3.フェデレーション用のメタデータXMLをダウンロード 4.AmazonBusinessSSO設定で接続データからアップロード 5.AmazonBusiness側で属性マッピングを作成 6.AmazonBusinessのシングルサインオン設定に表示される返信URL(アサーションコンシューマサービスURL)をAzureAD側に登録 7.テスト → 成功 なら完了 作業開始 Azure Active Directory「 https://aad.portal.azure.com/ 」 > エンタープライズアプリケーション > 新しいアプリケーション >  の検索フォームに「amazon business」と入力すると、Amaz

Microsoft365アカウントでchromeBookを使う方法。~古いPCにchromeOS Flexをセットアップしてシングルサインオンしてみた

  出典:https://www.photo-ac.com/ はじめに 小規模な会社では、リモートワーク用のパソコンを調達するにもまとまった 予算を確保できない 問題があったりします。最初は補助金を活用できても、リプレース予算が捻出できなければ継続可能な運用が出来ないため、悩ましいですよね。 そんな場合、古いパソコンにchromeOS Flexをパソコンにインストールして、 ChromeBook化してリモートワークをする 方法があります。 この方法は、そもそも会社が普段利用しているグループウェアがGoogleWorkspaceだと最適なのですが、 Microsoft365を利用している会社 の場合、WindowsPCを利用したリモートワークが一般的かと思います。 そこで、高いニーズとして出てくるのが、 「MicrosoftからChromeBookライクなデバイスが提供されないのか?」といったお話なのですが、現在純正でそのようなデバイスはありません。 代替手段として、Intune(MDM)を利用してWindows端末に利用制限をかけてChromeBookライクな使い方をしている会社もありますが(むしろ一般的)、元はWindowsPCなのでChromeBookに比べて高額だったり設定が複雑だったりします。 ここでは、 Chrome OSをMicrosoft365ユーザーアカウントで利用 するといった方法を紹介したいと思います。この運用が正解だ!というつもりは無く、あくまでも一つの手段として何かの参考にしていただけると嬉しく思います。 まずは、AzureADでGoogleWorkspaceへのシングルサインインの設定が済んでいる必要があります。別の記事で紹介していますので、未だの方は参考に設定してみてください。 AzureADからGoogleWorkspaceへのシングルサインオンを実装 https://www.cd-l.net/2022/08/microsoft365google.html#toc_headline_5 公式のインストールガイドを参照ください。 chromeOS Flex インストール ガイド https://support.google.com/chromeosflex/answer/11552529?hl=ja 基本的には公式ガイドでインストールでき

Microsoft365アカウントでGoogleドライブを無料利用する裏技~シングルサインオン実装

  はじめに Microsoft365を導入して運用されている会社で、どうしてもGoogleドライブを共有したかったり、Googleスプレッドシートで管理したい。といったニーズが出てしまう場合があります。 GoogleWorkspace を契約することで解決するのですが、アカウントを従業員×2 管理するのは手間ですし、セキュリティ的にもリスクが高まってしまいます。 また、基本的にはビジネス用のGoogleWorkspaceは有料となり、グループウェアであるMicrosoft365を既に導入している会社としては、追加でGoogleWorkspaceを導入するのはハードルが高くなってしまいます。 そこで、すでに運用しているMicrosoft365のユーザーアカウントでGoogleドライブに無料でサインインする方法を説明します。 ※例えば、〇〇@〇〇.comのMicrosoft365アカウントを利用している場合、同じアカウントとパスワードでGoogleドライブ内のサービスを利用できるようになります。 流れ 1.Cloud Identity Free Editionを取得 2.ドメインの所有権証明 3.AzureADからGoogleWorkspaceへのシングルサインオンを実装 4.AzureADで動的グループポリシーを割り当て自動化 5.GoogleWorkspace内で割り当て 作業 Cloud Identity Free Editionを取得 基本的には15GBのGoogleドライブが利用でき、Googleドキュメントやスプレッドシートなどが利用できるようになりますが、カレンダーなど、すべてのGoogleサービスが利用できるわけではないのでご注意ください。 それでは早速構築していきます。 作業時間は1時短程度となります。 ※Cloud Identity とは https://support.google.com/cloudidentity/answer/7319251?hl=ja まず、次のURLから登録します。 https://workspace.google.com/signup/gcpidentity/welcome#0 企業または組織の詳細を登録します。 企業または組織の場所を登録します。 受信可能なメールアドレスを入力します。 企業または組織のドメイン名を入

Outlookで共有メールを作ると仕事が少し楽になる件。

  はじめに 大切なメールを見落としてしまったらどうしよう。気になって、仕事が休めずにつらい人、いちいち転送だけに明け暮れてしまっている人に少し参考にしていただきたい情報です。 Microsoft365を利用している場合、共有メールを容易に設定することが出来てとても便利です。 例えば、所管課の代表メールを管理する場合などに、共有メールを作成することで、わざわざ代表メール用のユーザーを作成しなくても複数人で代表メールの送受信が可能になります。個別メールとは別に運用することが可能で、送信者を選択して運用ができます。 共有メールボックス https://docs.microsoft.com/ja-jp/microsoft-365/admin/email/about-shared-mailboxes?view=o365-worldwide 作業 管理センターにアクセスします。 https://admin.microsoft.com/ チームとグループ > 共有メールボックス > 共有メールボックスを追加 続いて、名前、メールを入力して、ドメインを選択して保存します。 その後、メンバーを追加して、表示された内容に沿って設定すると完了です。 後でメンバーの編集から追加したり削除することが出来ます。 まとめ 今回は、メール設定の一例を紹介しましたが、Microsoft365のメールについては、様々なコラボレーションツールがあります。 用途に合わせて設定してみてください。 メールによる共同作業 - Microsoft 365 admin | Microsoft Docs

一つのGmailで別のアカウントのGmailを集約して利用する設定

  はじめに Gmailアカウントを複数運用する必要がある方にとっては、アカウントをいちいち切り替えてメールをやり取りするのは煩わしかったりします。 これを解決するために、一つのGmailアカウントで複数のGmailを送受信する方法を紹介します。 要件 Gmail A メイン(集約運用するアカウント) Gmail B サブ(転送) Gmail C サブ(転送) 手順 サブ(転送)側 Gmail BとGmail C をGmail Aに転送する設定をします。 まず、転送する側(Gmail BとGmail C)の設定です。 歯車のマーク > すべての設定を表示 メール転送とPOP/IMAP > 受信メール  に転送先(Gmail A)メールを入力し、転送設定を完了させます。 ※Gmailのメールを削除する、あるいは残すなどの設定をすることが出来ます。 メイン 運用するGmailアカウント側の設定をします。 Gmail A にサインインして、 歯車のマーク > すべての設定を表示 > アカウントとインポート > ほかのメールアドレスを追加(何も登録されてない場合は表記が違うかも) > Gmail(サブ)を登録 >次のステップ 自分のメールアドレスを追加 の画面が表示されるので、確認メールの送信をします。 その後、受信したメールに従って設定を完了させると、メインのGmailで登録したGmailの送受信が可能になります。 受信したメールはラベルで仕分けするようになります。 また、送信するときに、送信するメールアドレスを選択することが出来るようになります。 まとめ 今回は最も利用率の多いGmailの集約方法を紹介しましたが、ほかのメールもGmailに集約することが可能です。様々な設定方法がありますので、自分用にカスタマイズして運用するととても便利になると思います。 クラウド側の設定だけでなく、スマホ側(デバイス側)で設定することも可能です。 メーラーはユーザーごとに非常に多くの設定が可能で、上級テクニックとして、プログラミングと組み合わせて自動化することも可能だったりするので、まずはUIで設定可能なものからいろいろチャレンジしてみてくださいね。 お疲れさまでした!