スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

Outlookで共有メールを作ると仕事が楽。

  はじめに Microsoft365を利用している場合、共有メールを容易に設定することが出来てとても便利です。 例えば、所管課の代表メールを管理する場合などに、共有メールを作成することで、わざわざ代表メール用のユーザーを作成しなくても複数人で代表メールの送受信が可能になります。個別メールとは別に運用することが可能で、送信者を選択して運用ができます。 共有メールボックス https://docs.microsoft.com/ja-jp/microsoft-365/admin/email/about-shared-mailboxes?view=o365-worldwide 作業 管理センターにアクセスします。 https://admin.microsoft.com/ チームとグループ > 共有メールボックス > 共有メールボックスを追加 続いて、名前、メールを入力して、ドメインを選択して保存します。 その後、メンバーを追加して、表示された内容に沿って設定すると完了です。 後でメンバーの編集から追加したり削除することが出来ます。 まとめ 今回は、メール設定の一例を紹介しましたが、Microsoft365のメールについては、様々なコラボレーションツールがあります。 用途に合わせて設定してみてください。 メールによる共同作業 - Microsoft 365 admin | Microsoft Docs

一つのGmailで別のアカウントのGmailを集約して利用する設定

  はじめに Gmailアカウントを複数運用する必要がある方にとっては、アカウントをいちいち切り替えてメールをやり取りするのは煩わしかったりします。 これを解決するために、一つのGmailアカウントで複数のGmailを送受信する方法を紹介します。 要件 Gmail A メイン(集約運用するアカウント) Gmail B サブ(転送) Gmail C サブ(転送) 手順 サブ(転送)側 Gmail BとGmail C をGmail Aに転送する設定をします。 まず、転送する側(Gmail BとGmail C)の設定です。 歯車のマーク > すべての設定を表示 メール転送とPOP/IMAP > 受信メール  に転送先(Gmail A)メールを入力し、転送設定を完了させます。 ※Gmailのメールを削除する、あるいは残すなどの設定をすることが出来ます。 メイン 運用するGmailアカウント側の設定をします。 Gmail A にサインインして、 歯車のマーク > すべての設定を表示 > アカウントとインポート > ほかのメールアドレスを追加(何も登録されてない場合は表記が違うかも) > Gmail(サブ)を登録 >次のステップ 自分のメールアドレスを追加 の画面が表示されるので、確認メールの送信をします。 その後、受信したメールに従って設定を完了させると、メインのGmailで登録したGmailの送受信が可能になります。 受信したメールはラベルで仕分けするようになります。 また、送信するときに、送信するメールアドレスを選択することが出来るようになります。 まとめ 今回は最も利用率の多いGmailの集約方法を紹介しましたが、ほかのメールもGmailに集約することが可能です。様々な設定方法がありますので、自分用にカスタマイズして運用するととても便利になると思います。 クラウド側の設定だけでなく、スマホ側(デバイス側)で設定することも可能です。 メーラーはユーザーごとに非常に多くの設定が可能で、上級テクニックとして、プログラミングと組み合わせて自動化することも可能だったりするので、まずはUIで設定可能なものからいろいろチャレンジしてみてくださいね。 お疲れさまでした!

仕事とプライベートの予定管理の最適解。~Web版Outlookに個人Googleカレンダーの予定を表示する方法

  はじめに なぜWeb版OutlookでGoogleカレンダーの予定を共有したらうれしいのか?ということですが、プライベートはGoogleカレンダーを使っていて、仕事はMicrosoft365でOutlookにて予定を管理している場合などがあります。この場合、サービスをいちいち切り替えて予定確認をするのが煩わしかったります。 紹介する方法で、Web版Outlook上にGoogleカレンダーの情報を表示することが可能になりますので、是非活用してみてください。 手順 Web版Outlook から、予定表を追加を選択します。 個人用予定表を追加します。 Googleを選択します。 対照のGoogleアカウントを選択します。 Microsoftのサービスを信頼するか聞かれるので、許可を選択します。 いったん予定表を追加の設定画面を閉じます。 Googleカレンダーを選択すると表示されるようになります。 予定を登録する際に、登録するカレンダーを選択すると、Googleカレンダーの予定にも反映されるようになります。 仕事とプライベートを使い分けることで、よりシームレスにスケジュール管理が可能になるかと思います。

Teamsのチャンネルにメールを送信(共有)する方法。

  はじめに  Microsoft Teamsのチャンネルに直接メールを送ったり転送したりする方法を紹介します。 方法 Teamsのチャンネルの右側にある三点リーダー(・・・)を選択 メールアドレスを取得 <メールアドレス>をコピー 以上。

便利過ぎ!!Azure Active Directory 別のグループをmemberOfを使って自動で追加する。~動的グループのグループ メンバーシップ (プレビュー)

  出典: Microsoft はじめに Azure Active Directoryで、別グループを自動でグループに登録する方法があれば便利ですよね。しかも、今回紹介する方法では、ネストではないので、設定したロールやライセンスについても反映されちゃいます。 例えば、総務部のグループに人事課、給与課、広報課のグループを登録することで、ユーザーを自動的に総務課に追加することができ、総務課グループの設定がメンバーに反映させることが可能になります。 Microsoft Teamsなど、Microsoft365サービスへの連携も可能になるため、ユーザーが異動等で変更になってもTeamsのメンバーの割り当て等を手動ですることなく、作業を最小限に抑えることが可能になります。 動的グループ設定により、ユーザーのプロファイル作成ルールを運用上作っておくとことで、ほぼグループへの割り当てが不要になるのですが、さらにグループをグループに割り当てることが可能となった(2022/07/08現在)ことから、親グループと子グループにおいて柔軟に運用が可能になります。 オンプレのADとAzureADにおいて連携している場合や、セキュリティグループをMicrosoft365に反映させたい場合に、自動的に反映されるようになるため、運用工数を削減することが可能になり便利です。 以前は、複数のユーザー属性を設計し、プロファイルから動的グループを複雑に設定していたのですが、直接グループを反映させることが可能になり、とても分かりやすくなると思います。現在機能プレビューですが、memberOf 属性を使用できるようになったので方法を紹介します。 参考:Azure Active Directory の動的グループのグループ メンバーシップ (プレビュー) https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/active-directory/enterprise-users/groups-dynamic-rule-member-of 設定方法 AzureAD → グループ → 新しいグループ グループの種類(セキュリティ、M365どちらでもOK) → グループ名 → グループのメールアドレス → メンバーシップの種類(動的ユーザー) → 動的クエリの追加 編集(プレビュー版では動的グルー

合計の数式入りGoogleスプレッドシートやExcelに行を挿入する正解パターン。

  はじめに 表計算ソフトで合計を求める関数を使って数式を作成している場合、行の挿入方法によって、数式が反映されなかったり、書式がおかしくなったりしてしまいます。 今日は正解パターンを説明します。 検証 表題の下に挿入/NG 表題の真下に1行挿入して、計算結果が正しいか検証。 行2を選択し、右クリックから+上に1行挿入を選択。 残念ながら、合計に反映されません。 合計の真上に挿入/半NG 合計行の真上に一行追加して挿入してみます。 合計行を選択し、+上に1行挿入。 今度は、合計行のセルの書式が自動で入ってしまい、着色されてしまいました。 空白行に挿入/OK 合計行の上に、空白の行を作っておいて、その行を選択して、+上に1行挿入。 すると、合計の計算が反映され、セルの書式もデータテーブルと同じものが挿入されました。 挿入するときは、空白の行を一つ作っておくと便利です。 ※逆に、行5を選択して、+下に1行挿入でも同じなのですが、Excelに上に挿入、下に挿入といった項目がないため、今回の方法を推奨します。

Microsoft365でPCフォルダやファイルを自動保存する方法

  はじめに 前提条件として、 One Driveをインストール している必要がありますが、パソコン内のフォルダやファイルをオンラインストレージに同期することで、万が一PCが壊れてしまってもデータを守ることが出来ます。 無料アカウントでも設定できますが、15GBしか容量がないので、有料のライセンスにて設定することをおススメします。 フォルダを指定してバックアップする方法 One Driveの設定を開きます。バックアップ > バックアップを管理 One Driveの設定を開きます。バックアップ > バックアップを管理 フォルダーのバックアップを管理する設定がポップアップされます。 デスクトップ、ドキュメント、写真のフォルダを選択できます。 バックアップの開始を選択すると、同期が開始されます。 Officeのみクラウドに自動保存する方法 Officeファイルをクラウドに自動保存することが出来ます。 Officeの左上に自動保存の設定があります。 こちらをオンにすると、OneDriveに自動保存されるようになります。