GoogleアカウントだけでWEBアプリを作る方法。〜作成代行してもらったAppSheetを受け取る編

 はじめに

Googleアカウントを持っていれば、Googleスプレッドシートをデータベースとしてアプリを作ることができるAppSheet。しかも、グーグルストアやアップルストアに登録する必要がなく、スマホ、タブレット、パソコンなど、色々なデバイスで利用可能な自分だけのアプリが作成可能です。

簡単にアプリを作ることが出来るので手軽に始めることができるAppSheet。

ところが、このAppSheet。作りこみ次第ではデータからPDFを自動で作成し、指定のメールアドレスに一斉配信など、会社の基幹システムレベルの構築が可能であり、かなり奥の深いサービスだったりします。
作りこみを委託するケースも今後増えるんじゃないか?と思ったので、今回は作成を代行してもらう方法を紹介したいと思います。

手順

代行者側

  1. Googleスプレッドシートでデータ作成
  2. AppSheetでデータソースを紐付ける
  3. AppSheetの共同編集者に依頼者を設定する
AppSheetのUsersからUser emailsに依頼者のGoogleアカウントを入力し、私はロボットではありませんをチェックします。
登録したユーザーの設定をします。
Can edit definitionRole:Admin、App version: Defaultにします。
Linksタブから、アプリのURLをコピーして依頼者に共有します。
念の為、SAVEを忘れずしておきましょう。
URL共有時のメール例文
○○さま
お世話になっております。
アプリを作成したのでURLを送付いたします。
設定させていただいたGoogleアカウントによりアクセス可能です。
ご確認よろしくお願いいたします。
AppSheet
アプリインストール用URL
https://www.appsheet.com/newshortcut/○○○
ブラウザ利用におけるURL
https://www.appsheet.com/start/○○○
参考

依頼者側

メールが届いたら、AppSheetにアクセスします。
※初回はログイン等が必要となります。
正常にログインが完了すれば、My Appsにアクセスします。

下の方にスライドすると、Prototype Apps に共有されたアプリが表示されます。
アプリアイコン右下の三点リーダーをクリックしてコピーを選択します。

後で混合しないようにApp name を変更することをおすすめします。

Copy appをクリックするとコピーが開始されます。
  • AppSheet本体
  • データソース元Googleスプレッドシート
  • データソース格納添付ファイル
などが依頼者のGoogleドライブ内に作成されます。

コピーされたことを確認します。

なぜか、アイコンが勝手に変わっていますが、変更した名前のAppsがPrototype Appsにあれば成功です。

続いて、サポートを引き続き依頼する場合は、コピーして納品したアプリとデータソース元を代行者に共有していきます。
Googleドライブにアクセスします。
作成されたドライブを右クリックして共有を選択します。
共有する相手のGoogleアカウントを登録して共有できます。
続いて、AppSheetについても共有してます。
Usersで、Users emailsにサポート者のGoogleアカウントを入力し、私はロボットではありませんチェックします。
こちらにサポート者のアカウントを登録します。

Add users + send inviteをクリックします。

続いて、サポート者が編集できるように権限を変更します。
Can edit definitionRole:Admin、App version: Defaultにします。
SAVEをします。
ブラウザのアドレスバーからURLをコピーして、サポート者に移行及び共有完了の連絡をします。

サポート依頼メール例文
○○さま
お世話になっております。
アプリ移行作業及びGoogleアカウント共有設定を完了しましたのでご報告いたします。
ご確認よろしくお願いいたします。
サポートを依頼するAppSheet
https://www.appsheet.com/Template/AppDef?appName=〇〇〇
最後に代行者側が、受け取ったメールのURLからAppSheetにアクセスし、ACCERTをクリックして共同編集できるようになります。

以上で完了です。
チームで運用する場合にこんな感じで進めるとわかりやすいかな?と思って作ってみました!

受け渡し後のサポートで気をつけること

アップデート作業により、データソースを追加する時はアカウントの認証が必要になります。ですので、AppSheetでの共有権限の設定をしていても、一旦渡してしまえばデータソースの追加時に所有者のアカウントで認証する必要があります。
データソース(Googleスプレッドシート)自体の共有編集できるのですが、認証については受け取ったユーザー側にしてもらいます。
  1. サポート側がスプレッドシートにシートを追加して新たにデータソースを作成。
  2. 所有者(ユーザー)にデータソース追加認証の依頼。
依頼時のメッセージ例
○○さま
お世話になっております。
アプリへの追加用のデータソースを作成いたしました。
つきましては、追加認証作業について、アプリ所有者様で行っていただく必要があるため、手順をご案内いたします。
  1. アプリのデータソース追加設定から指定するデータソース名を選択
  2. 所有者様のアカウントにて認証
作業が終わりましたらご連絡お願いいたします。
AppSheet

App Sheet関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました